ほうれい線の改善

今、マスク生活で無表情が続き、「ほうれい線」が気になる方が急増しています。
「ほうれい線」の原因は頬のたるみ。口角をしっかり挙げて笑顔を作る練習をすると改善し、立体的な小顔になっていきます。

二重あごの改善

太っていなくても「二重あご」の方も増えています。これは口周りと舌の衰えが原因で、大声で話したり笑ったりしなくなると、舌を支える小さな骨が下がって「二重あご」になってしまいます。
「二重あご」は口周りを鍛えると、1週間ほどで速攻改善します。それも1日たった3分程度続けるだけ。複雑に絡み合っている表情筋は、鍛えたところだけでなく、一気にたるみを改善することができます。

顔ヨガを覚えれば、いつでもどこでも自分でたるみ改善でき、とっても安全でローコスト。しかも整形級の効果が期待できます。筋肉は死ぬまで鍛えられます。アラフィフからのセルフメンテに「顔ヨガ習慣」を一緒に始めましょう。

シワの改善

歳を重ねると、肌の弾力が失われ「シワ」ができますが、この一つの原因に肌の水分保水量が減ってしまうことがあります。
一般的に水分保水量は脂肪が10~20%に対し、筋肉は70~80%で、動かして筋肉量を増やすと、水分をたくさん含めるようになります。
そうなると、内側から張ってきて「シワ」が薄くなるのです。鍛えている人の体がパンッと張っているのと同じです。
よくなり、肌がばら色に変わります。

シミ・くすみの改善

筋肉がつくことで、「シミ」も改善していきます。筋肉の収縮により血流・リンパの流れがよくなり、肌のターンオーバーを促進、若い時のように早い周期で新しい皮膚が生まれ、「シミ」が薄くなっていきます。アウトドアスポーツなどでできた「シミ」も絶対あきらめないでください!確実に改善できます。「くすみ」は、血流が悪くなって黒ずんだ血が皮膚から透けて見えている状態。顔ヨガで血流を上げてやればみるみる顔色がよくなり、肌がばら色に変わります。

20代では28日の肌のターンオーバーはアラフィフになると55日、アラ環だとなんと100日!?と言われています。気になる方はできるだけ早めに始めることをおすすめします。

TOP