今日は強烈に暑かったです。命の危険も感じます。これからしばらく続きそうなので、気をつけましょう。

私はこの季節になると毎年「しそジュース」を結構大量に作って、夏を乗り切ってきます。飲んでいるとなんとなく元気でいられるような気がします。
私は昔から胃が弱くて、夏場食欲がなくなるのですが、紫蘇には胃腸の働きを良くする効能があり、香りも含めて食欲増進の効果があるそうです。

中国では古来、薬草として使用されてきたそうです。
名前の由来が面白くて、その昔、カニによる食中毒で死にかけていた人に紫の紫蘇の葉を食べさせたところ、蘇ったことから紫蘇という名がついたと伝えられているそうです。

最近はスーパーに袋詰めできれいなものが売ってますので、簡単に作れて助かっています。
洗って、お湯を沸かし、葉を煮て取り出したら、砂糖を入れて、最後にお酢かクエン酸を入れるとめちゃくちゃきれいなピンク色になります。
それをカルピスみたいに水で薄めて飲むんですが、紫蘇の効能にくわえ、クエン酸は疲労回復の効果があるので元気が出るのかもしれません。すべて個人の感想ですが、参考になさってください。

後はゆる体操ですね。
私のように内臓が弱い人は自律神経の働きが悪くなっているので(内臓は自律神経が命令を出します)自律神経の働きを正常にしてくれるゆる体操はとても合ってたみたいです。
睡眠も疲労物質が溜まったまま寝てしまうよりも、軽く動かして血行を良くしてあげると、回復力があがります。
ゆる体操をしてぐっすり眠れば、暑さに負けない体つくりができますよ。

ゆるヨガ京都 レッスンの詳細はこちら
顔ヨガ(ゆる体操)無料体験はこちら

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP