私は大人のチャレンジこそ、子どもが幸せになれる一つの方法だと思います。
失敗するのが怖い大人の不安が子どもを苦しめていることに気付いてほしいと思います。

私には3人娘がおりまして、そのうち三女(中3)は学校へは行かずに、マイペースで順調に成長しております。
小学校3年で不登校になった時は、学校とのやりとり、夫や家族の理解が得られず守るのに必死でした。
このままでは私も娘もつぶれてしまうと思い、二人で家出をしたりしてひとりで娘をかばい続けておりました。

そして気が付いたのは「私が楽しく生きること」でみんなが幸せになれるということです。
私が苦しんでいるから家族も何とか元の状態に戻そうと一生懸命になっているような気がしました。
私にとって「楽しく生きること=自分の成長を感じること」なので、とにかく気になることを自分がやってみることにしました。
お金も使うし失敗するかもしれないし、とても怖かったのですが「エイ!!」を繰り返しやってみました。

すると自分が変わるにつれ、周りの環境が変わり始めました。
自分のことに一生懸命になると、子どものこともあまり気にならなくなり、子どもが自由になり始めました。
子どもが携帯を何時間触っていても、テスト前に勉強していなくても、口を出すことをグッと我慢(結構辛いです)自分の不安を子どもにぶつけないように気をつけました。
すると「お母さんはあてにできない」と自分で危機管理をし始めます。
肩の荷が下りてメッチャ楽になりました。
私が楽になると、子どもはもっと楽です。
意外と子どもは親の期待に応えようと頑張っているので、期待されなければそれだけ自由です。

今はみんなが楽しいことをしてイキイキと過ごせるようになりました。全てが上手く回っています。
子どもに幸せな人生を歩いてほしければ、身近な大人のお手本は重要です。
大人が幸せであれば、子どもは何も言わなくても感じて行動していきます。
悩みながら失敗しながらも、恐れず成長を続けます。

とにかく大人は子どもを信じてほしいと思います。
子どもは思っている以上に、考えています。感じています。潜在能力すごいです。
大人が不細工でもチャレンジする姿を見せ続けることが、子育てが上手くいく方法だと思います。
子どもを変えるより、自分を変えよう!
それが世のため人のためになるのです。

ゆるヨガ京都 レッスンの詳細はこちら
顔ヨガ(ゆる体操)無料体験はこちら

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP