私には娘が3人おりますが、そのうち三女(中学3年)は小学校3年生から学校に行くのが本格的にしんどくなりました。
中学は受験をして違う環境での再出発を試みましたが、2ヶ月でダウン。その後、半年ほどは廃人のようにほとんど引きこもって過ごしました。
今はマイペースで学校へは行かない選択をして充実した毎日を送っています。
本当に良かったと安堵する毎日です。そして、娘が人と違う道を進んだおかげでみんなが幸せになりました。
「あのまま無理して学校へ行っていたら…」と考えるとちょっと怖くなります。

親にできることは、子どもを変えようとするのではなく、自分を変えることに集中することだと思います。
子どもとはいえ別の人格、ちゃんと意思を持っていますから変えるのは難しい。
けれど自分なら、考え方を変えれば一瞬で変わることもできるのでそっちの方が簡単です。

自分を変えるツールとして、まず私は「顔ヨガ」が役に立ちました。
顔が変わると気持ちが大きく変わるので、変化のスピードはジェットコースターのよう!
自己肯定感が上がって自信が持てるようになり、気になっていたことへのチャレンジができるようになりました。
付き合う人も変わり、ふと気が付くと嫌な人は周りにはいなくなって好きな人ばかりになっていました。
そして「何とかなる!自分で何とかできる!」と思えるようになり、漠然とした不安から解放され、子どもへの対応が変わりました。
何より自分が楽しむことに必死なので、子どものことが気にならなくなります。
これでみんなが自由になれて、イキイキと動くことができるようになりました。

今の状況を難しくしているのは自分かもしれません。
自信がなくて不安な気持ちを子どもが一生懸命受け止めてくれているのかもしれません。
出来るだけシンプルに、期待せずただ信じて見守る。これでいいと思います。
子どもは元気で生きていればいいじゃないですか!

ぜひ自分が楽しんでいる所を子どもに見せつけてやりましょう。
こうなってほしいと願うなら自分がやりましょう。
楽しそうだと必ず、子どもは母親の真似をしてきますから。

心と体を変えるためのトータルフィットネス
ゆるヨガ京都 レッスンの詳細はこちら
顔ヨガ(ゆる体操)無料体験はこちら

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP