マスクによって、顔のたるみを気にする方が急増しているのは承知の事実。
どうしてもマスクの中では無表情になりがちで、運動不足のため表情筋が衰えてきます。
それだけでなく、口呼吸が大きな原因になっているのはご存じでしょうか。

マスクをしていると息苦しさをカバーしようとして、口呼吸になりやすくなります。
口が開いたままだと口輪筋が衰え、連動して顔全体が下がってきます。
感情を表す表情筋の70%は口周りにつながっているため口輪筋の衰えは深刻です。

見た目だけでなく、口呼吸は様々な健康被害を引き起こします。
鼻のフィルターを通さないので細菌やほこりが直接肺に入って、誤嚥性肺炎、感染症、歯周病(脳梗塞・心筋梗塞、糖尿病も引き起こす)などのリスクも高まります。
様々な全身疾患につながる口呼吸は、65歳以上では死亡リスク・要介護リスクは2倍にもなると統計が出ています。

マスクたるみに気になりだしたら、
①口呼吸にならないように注意する
②口周りと舌をトレーニング
していきましょう。
舌回しで舌の力をつけるだけでも、ほうれい線は改善されていきます。
コツコツ努力をする人しない人で健康寿命は大きく変わります。
生活のルーティーンに表情筋を鍛える「顔ヨガ」をぜひ取り入れてください。

マスクたるみをかいぜんする「ほうれい線プレス」

舌でほうれい線を内側から押すようにセット。口の中でグルっと大きな円を描きます。
逆回りも同様に行います。左右3~5ずつ行います。

ゆるヨガ京都 レッスンの詳細はこちら

顔ヨガ(ゆる体操)無料体験はこちら

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP