歳を重ねるとコラーゲン・エラスチンの量が減少、肌の弾力が失われます。
残念ながら、美容液、サプリメントなどの摂取では分子が大きいためなかなか吸収されにくいようです。
また運動をしなければ血流がだんだんと滞ってしまい、全身に栄養が行き渡りにくくなります。
肌細胞に栄養が行き渡らなければコラーゲンやエラスチンの生成もできず、たるみの原因になります。

これらをカバーするには普段から食事で栄養をしっかり取ること、表情筋を動かし肌のターンオーバーを早めることです。

顔の筋肉を鍛えることで内側からの弾力が生まれます。普段なんの気なしに動かしている表情筋は、なんと30種類以上もあり、ひとつひとつの筋肉は全身の筋肉に比べてみれば小さいため、早ければ1週間ほどで効果が現れることもあります。
動かすことで、凝っていた表情筋の血流も良くなるため肌に栄養が行き渡るようになり、ハリや弾力を生み出す物質の生成が促され、肌のたるみの改善が期待できます。

■たるみにおすすめの「くちゃくちゃぱっ」
①顔のパーツを中央に寄せるように顔をくちゃくちゃにして5秒キープ  
 鼻を中心に顔全体をキュッと内側に縮めるイメージです。

②思いっきり顔をパッと開いて、その状態を5秒キープする
 力まずにリラックスしつつ口と目はしっかりと開きます。

①と②を3回繰り返します

毎日続ければたるみが取れて肌のハリを取り戻せます。
必死になりすぎず、気軽に楽しく行うことが続けるコツです。

ゆるヨガ京都 レッスンの詳細はこちら

顔ヨガ(ゆる体操)無料体験はこちら

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP