最近、少しの段差でつまずくようになっていませんか?
前はそんなことなかったのに…年だから?筋肉が衰えた?

これは股関節が硬くなって足が上がりにくくなっている状態です。
筋肉がしっかりとついていても、固まってしまえば可動域は狭くなってしまいます。
これが少しずつ進行すると、将来歩けなくなることにもなりかねません。

股関節は体の奥深くにあって、外からのストレッチがとても難しい場所。 硬いまま無理に伸ばそうとすると、筋肉を傷めてしまう可能性があります。 しかし揺らすような小刻みな動きでインナーマッスル(骨に近い筋肉)をほぐすと、内側から股関節をゆるめることができ、ケガの心配もありません。 ゆるんで可動域が広がれば筋肉は自然についてきますので、しんどいトレーニングなどは不要です。

股関節をゆるめておけば、ずっと自分の足で歩くことができます。 一生介護いらずを目指して、筋トレよりもまず「ゆる」を実践していきましょう。

ゆるヨガ京都 レッスンの詳細はこちら

顔ヨガ(ゆる体操)無料体験はこちら


関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP