鏡を見たときに気になる顔のたるみやほうれい線。
もしかしてその原因は「表情筋の衰え」かもしれません。実は顔の筋肉も体の筋肉と同じように、加齢や生活習慣によって衰えてしまうのです。

特に最近はコロナ禍の影響でマスク生活が続いているため、無表情で過ごす時間が増えていませんか?さらに家族や友人とのコミュニケーションもチャットが増え、会話の機会が減っていることも無表情になる原因のひとつです。「気がつくと無表情になっていた」「最近笑顔になることが減った」という人は、表情筋の衰えが加速しているかもしれません。

顔のたるみやほうれい線が気になる人は、表情筋を鍛えることでキュッとひきしまった印象を目指せます。
顔にはたくさんの筋肉があり、ポイントはそれぞれの表情筋をバランスよく鍛えることです。顔ヨガであらゆる方向に顔のパーツを動かすと、血流がアップ、筋肉がついて張りが出てきます。早い人なら翌日にはフェイスラインの変化を実感、1~2週間続ければ立体感あるシャープな顔を“形状記憶”できます。

表情筋へのアプローチで内側かのの改善、「全方位からのきれい」を目指しましょう!

ゆるヨガ京都 レッスンの詳細はこちら

顔ヨガ(ゆる体操)無料体験はこちら

関連記事

  • 関連記事
  • おすすめ記事
  • 特集記事
TOP